匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

IT業界が得意な税理士・会計事務所

ホームページへのご訪問ありがとうございます。


匠税理士事務所は、目黒の自由が丘駅から徒歩2分の場所にある会計事務所で、

渋谷や港区の近くという土地柄や、IT業界の税務会計に詳しい30代の税理士が中心の事務所ということで、

30代、40代のIT業界で事業をされているお客様と多くのお取引がございます。


会社設立や創業融資など起業に特化することで培ったノウハウやサービスライン、 IT業界のお客様との多くのお取引実績で蓄積したIT事業についての会計・税務の知識や経験値。

世界4大会計事務所でIT業界の大手様を担当させて頂いていた実績のある税理士、これらが私たちの強みです。

匠税理士事務所の税理士や提携の会計士などの専門家・サービスラインなどの概要につきましては、

こちらよりご確認をお願いします。


【 → 匠税理士事務所の概要 】


pixta_4118543_S.jpg

目次

①  IT業界の社長さま向け経営支援

②  知っておくと便利なIT業界の会社設立や起業のポイント

③  IT業界特有の税務や会計のポイント

  


WEB制作会社などIT業界向け経営支援


匠税理士事務所は、システムやソフトウェア・アプリケーション開発・WEB制作の会社様など

IT業界の経営者の方を支援するため独自の会計や経営支援サービスをご用意している会計事務所です。

 


・会計や経理のアウトソーシングをご検討されている方

・給与計算や社会保険などの人事労務でのサポートをご検討中の方

・利益が出たので、節税対策に強い会計事務所をご要望の方

・お金を残す仕組みを作りたい方や、資金調達で相談したい方



IT業は利益率が高い一方で、受注時期が重なったり、納期が短いなどで残業が多いなど、

労使トラブルにつながらないように事前の対策が重要な業種でもあります。


また、会社の内部の利益やお金などの会計情報を自社で会計のスタッフを雇用し、

会計を内製化すると、会社の機密情報が内部で漏れてしまうなど難しい問題が出てきます。


ただし、この会計や経理を社長や幹部が自ら行うというわけにもいきませんので、

【 利益やお金などの会計や給与計算 】といった機密情報はアウトソーシングをご利用になる方が多い業界です。


またIT事業自体は利益が出るため、効果的な節税対策が必要になったり、

大規模案件を受注すると納品まで長い期間、外注費や社内のスタッフの人件費などが先払いとなるため

資金繰りに困ることがあるなど高度な会計の専門性を要する業種でもあります。



このようなIT業界の社長様を支援するため、匠税理士事務所ではIT業界の税務会計に詳しい税理士がお客様の状況を

伺い専門性を駆使したコンサルティングサービスや会計アウトソーシングサービスをご提供しております。


会計事務所の概要につきましては、こちらよりご確認をお願いします


【 → 起業・黒字戦略の匠税理士事務所|世田谷区や目黒区 品川区の税理士 】


起業支援の税理士は匠税理士事務所.jpg

 

これからIT業界での起業・会社設立をご検討中の方へ

 

匠税理士事務所の起業支援では、これからIT業界で起業したいという起業家の方に向けて、

会社設立や会社を作った後の会計や経営の支援を行っております。

 

会社設立後に資金調達をご要望という方には、IT事業対応の創業融資の支援も行っており、

起業に必要な全てをご用意できる体制を整えている会計事務所です。


外国人の方のプログラマーを雇用したいという方には、外国人の方の就労ビザ取得サポートも行っておりますし、

起業に伴う人材採用の助成金の申請代行から各種契約書の作成やレビューなど法務のご相談にも対応しております。


 

会社設立や創業融資など起業支援サービスにつきましては、こちらよりご確認をお願いします。

【 → 起業支援サービス 】

世田谷区や目黒区、品川区での会社設立.jpg

 

IT業界の特殊な論点にも対応できる税理士・会計事務所です

 

例えば、システムの開発について、外注さんを利用したときの経費については、

システムの用途に応じて減価償却という論点が出てくる場合もあります。

(耐用年数も用途に応じて、3年や5年など様々です。)

 

同様にシステムの開発にかかわった社内スタッフの給与につきましても、

システムの用途に応じて減価償却を通じて経費にしていくという論点も出てくることがあります。

 

これらをITの税務会計のポイントを何も意識せずに、外注費や給与として全額経費(損金)として会計処理してしまうと、

本来は減価償却を通じて期間按分して経費にしていく場合と比べて、

経費が過大になってしまい、将来の税務調査の指摘で、

後日修正申告の対象にもなりかねません。

 

したがって、ITの税務・会計については特殊な論点が多いので、

特に注意が必要になります。

 

匠税理士事務所では、これまで数多くのIT企業を担当させて頂きましたので、

ITの税務・会計に詳しい専門家が在籍しております。

 

 

IT関連の税務・会計でお悩みでITに強い会計事務所でしたら、お気軽にご相談下さい。

 

 

IT事業に関する経営・税務のお役立ち情報

 

こちらでは、IT業界特有の論点を中心に

税務会計や起業等に関するお役立ち情報を掲載しております。

随時更新しておりますので、是非ご覧下さい。

 

 

ソフトウェア販売などIT業界の売上・収益ポイント

 

IT税務では受託開発の売上はいつあげる? 

 

ECサイト事業者などIT業の収益計上

 

ホームページ制作の経理取扱(経費と資産)

 

ソフトウェアをスクラップ(除却)した場合(税務調査)

 

ソフトウエアのバージョンアップ費用の税務上の取扱

 

システム開発やソフトウェア開発などのIT会計

 

IT事業における特許権使用に伴う契約一時金と使用料の扱い

 

 

在庫.JPG

 

 

匠税理士事務所は目黒の自由が丘にある会計事務所です。

 

IT税務会計顧問サービス以外に、

その他のサービスライン・アクセス・会計スタッフ紹介などについては、

下記のTOPページよりご確認下さい。

 

会計事務所の対応エリアは、世田谷や目黒、品川など東京都全域となります。

 

 


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎