匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

売上総利益率と売上高と売上総利益(粗利)の計算式・計算方法

今回の記事では、

会社の売上総利益(粗利)の大切さについて、

ご紹介をさせていただきます。

 

売上から仕入などの原価を除いた利益が、

これが売上総利益(粗利)です。

 

売上高 - 売上原価 = 売上総利益

 

そして、売上高に占める売上総利益の割合、

これが売上総利益率(粗利率)です。

 

売上総利益 ÷ 売上高 =売上総利益率 

 

 

この売上総利益率とは、

考える男性のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

モノやサービスを販売して、

単純にいくら稼いだのかを示す利益率で、

 

会社の純粋なモノやサービスを介して

稼ぐ力を知るための指標となります。

 

つまり、会社が作るサービスや商品が

どれだけの魅力があるのかが分かる

大切な指標なのです。

売上総利益・粗利のイメージ(解説用).jpg

 

売上総利益率の重要性について

 

この稼ぐ力を知るための売上総利益率はとても重要な値です。

 

「 デフレで価格競争が激しく、粗利率が下がった。 」

 

「 年々、特定の商品の粗利率が下がっている。 」

 

などというのは、

 

まさしくこの会社の純粋なモノやサービスを介して稼ぐ力が

下がってしまったことを意味します。

 

それでは売上総利益(粗利)の変動は何故生じ、

これらが下がることで何が問題なのでしょうか。

 

 

売上総利益(粗利)が下がる原因

 

売上総利益(粗利)が下がる原因としては、

 

1. 値引きによる売価の下落

 

2. 商品が市場に適合しないで販売数や来客数を落としている

 

3. 特定の商品や得意先の売価設定に誤りがある

 

このようなことから起こるためです。

 

会社はモノやサービスを売って

利益を稼ぐことを目的として設立されていますので、

 

この利益の源泉となる売上総利益(粗利)が下がるのは、

会社にとっては死活問題であり、

 

この売上総利益(粗利)を取り巻く経済環境の変化を、

的確に読み取り、しっかりと対応していくことが重要です。

  

 

売上総利益率や売上総利益(粗利)に経営者はどのように取り組むべきか

 

経営者であれば、

この売上総利益率(粗利率)の1%の上がり、下がりに対して、

常に目を光らせておき、

 

売上総利益率(粗利率)が変わることで、

会社の最終利益にどの程度影響を及ぼすのか

すぐに計算できなければなりません。

 

 

また、商品別にこの売上総利益率(粗利率)をおさえておくことで

どの商品が会社の利益に大きく貢献しているのか、

競争力があるのかを把握することができ、

 

「 今後注力すべき商品は何であるか 」

ということが分かります

 

 

しかし、売上総利益率(粗利率)が低い商品が全てMP900400967.JPGのサムネール画像のサムネール画像

悪いわけではありません。

 

粗利が低い商品をもとに、

粗利が高い商品が売れるのであれば

高い商品と低い商品とを

一組としてとらえるべきです。

 

 

ただし、戦略がなく

売上高や得意先数だけを追うような

粗利率の低い商品販売や

値引き販売には注意が必要です。

 

 

会社はモノやサービスを売って

利益を稼ぐことを目的です。

 

経営者は、

売上総利益率(粗利率)や粗利を常にチェックし、

 

市場や商品、得意先や仕入れ先に変化がないかを把握し

常にお客さまと現場を見る行動力が重要です。

 

 

その他のお役立ち情報や経営支援サービスのご紹介

 

経営に関連する記事として、

経営者にとっての粗利(売上総利益)を

左右する値決めの重要性について記載したものは

こちらから 

→ 粗利を決める売価決定の重要性  

 

→ 販売戦略-粗利の低い商品とどう取り組むべきか

 

 

貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)など

会社の財務諸表の見方・読み方について、

全体的なことをお知りになりたい方はこちらからご確認下さい。

 ★貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)など会社の財務諸表の見方・読み方 

 

上記外にも経営のお役立ち情報を収録しております。

税理士 水野智史の経営お役立ち情報・経営コンサルティング情報館はこちらから

→ 税理士 水野智史の経営お役立ち情報・経営コンサルティング情報館

 

また、匠税理士事務所が提供しております会社経営者の方向け

会社経営者の方向けの法人サービスライン一覧はこちら。

 

起業支援に関するサービスは下記よりご確認下さい。

創業や開業、起業支援サービス についてはこちらから

 

 

会社の会計や経理、決算については 税理士 世田谷 匠税理士事務所へご相談下さい。

お知らせ...記事についての免責事項 

 

最終更新日:平成29年4月1日


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎