匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

在庫が資金繰りを圧迫している場合の経営改善

卸売業や、

製造小売業などでは、 在庫.JPG  

 

在庫を制するものが
経営を制するといっても過言ではありません。

 

このような業種では、

在庫のコントロールによって
資金繰りが大きく変わってしまいます。


 

 

 

過剰在庫を避ける在庫管理の重要性と資金繰りの関係

 

~こんなことがありました。~

ある日Z社の社長さまよりご連絡をいただきました。

 

Q:需要の多様化で在庫を沢山抱えてしまいました。
  過剰在庫の結果、資金繰りが心配です。

  どうしたら良いでしょうか?

 

 

A:ビジネスモデル・在庫管理に問題はないでしょうか?


  Z社では、

  お客さまのニーズを取り入れた商品の開発を進めてきました。


  

  お客さまからのニーズがあれば、

  原材料を仕入れ、商品を開発し、
  多種多様の商品を作ってきました。
  
  お客さまのニーズを取り入れた商品の開発は大変素晴らしいものです。
  


  一方このビジネスモデルには以下のポイントがあります。


  

  ① 在庫の商品数が多く、管理が大変であること。
  ② 多くの在庫を保有し、倉庫や在庫管理の人件費が多いこと。
  ③ 原材料を仕入れてから、商品を開発し、商品を作り、
    一般店頭に並べ、お客さまが購入するまでのリードタイムが長いこと。

 

 

 計算.JPG

ここで大切なのは、  

当たり前ですが、

在庫をしっかりと分析すること。

つなわち在庫管理です。

 

最低限として、

仕入れてから、売れるまでどのくらい時間がかかるのかを

 

商品別に把握し、その維持するためのコストは

いくらかかるのかは知っておきたいものです。

 

 

 

在庫管理の徹底は、資金繰り改善に有効です

 

このような在庫管理を徹底することで、         

売れ筋の商品に絞り込むことが可能になる上、

 

商品が実際に売れるまでの時間も計算できるようになり、

過剰在庫といった問題も生じにくくなります。

 

結果として、仕入のタイミングや量も適正になるので、

資金繰りも改善されていきます。

 

 

在庫管理が、

何となくになってしまっている場合には、

資金繰りに悪化にも最終的にはつながりますので、

要注意です。

 

在庫管理をしっかりと行って、

資金繰り・経営を改善していきましょう。

( 関連記事:中小企業と資金繰り対策(資金繰り表の作成) )

 

( 関連記事:売上が伸びているのにお金が足りない原因 )

 

資金繰りや経営支援サービスの紹介

 

匠税理士事務所では、

在庫管理や資金繰りのアドバイスなどはじめとした

会社経営支援に力を入れております。

 

サービス内容の詳細につきましては、

下記よりご確認下さい。

 ----------------------------------

  匠税理士事務所が提供しております会社経営者の方向け

   

  法人のお客様向け経営支援サービス一覧

 

 

  起業・開業・創業支援サービス の詳細はこちら。

  ----------------------------------

  

  

  会社の会計や経理、決算については 税理士 目黒 匠税理士事務所へ。

  記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。

 


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎