匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

外注と内製化、どちらが会社にとって有利か

会社の規模が一定に達すると、

組織をどう作るかという問題が発生します。

 

現在の流れとして、

事業の一部をアウトソーシングする外注さんを使用するビジネスモデルを

採用する企業さまが増える一方、 

仕事が増えてきて、外注費が膨らんできたので

社内で製造(内製化)した方が良いのか、

 

迷っているというご相談も多くいただきます。

 

このような問題には、

次のような考えが有効です。。

 

今後の事業の見通しはどのようになりますか?

MP900390115

 

 

その理由としては、

この質問に対する回答が、

 

内製にすべきか、

外注にすべきか、

 

の判断につながるからです。

 

 

 

  

外注にする場合のメリットやデメリット

 

外注の場合、外部取引先との請負契約になりますので、

外部取引先の利益も製造コストにのることで、

短期的には原価率が上昇することになります。

 

 

ただ、仕事があるときは外注して、

仕事が減少してきた場合には、

外注への委託量を調整できるというメリットがあるため

内製化した場合のように固定費が増加することもありません。

 

 

こうした点から現代のように、

事業環境が目まぐるしいスピードで変化することで、

事業の見通しを立てにくい場合には、

外注を利用することは、とても有効な選択肢となります。

 

 

また、外注した場合には、

製造のための設備を、自社で用意する必要がないため、

多額の資金を用意する必要もないというメリットもあります。

 

合わせて、優秀な人材の採用が難しい中小企業にとって

スキルや専門性の高い人材に仕事を依頼し

高い品質や、画期的な業務を行ってもらえることもメリットの一つです。

 

それでは、

内製化した場合のメリットは何でしょうか。

 

 

内製化(自社で製造)した場合のメリットやデメリット

 

内製化した場合のメリットは、

外部取引先の利益を加味する必要がありませんので、

その分、製造コストを下げることができるというメリットがあります。

 

また、外注した場合には外注先が他社の案件で、

手一杯で引き受けてもらえないというリスクもありますが、

 

内製化した場合には、

このようなリスクを管理することは可能になります。

 

それでは中小企業にとって

外注と内製化、どちらが有利なのでしょうか?

 

中小企業における外注と内製化のポイント

 

外注を利用する場合は、

自社の資金や人材などの資源を固定化させる必要がないことや、

 

外部からの取引先への委託量も調整が可能であるため

仕事量に合わせて臨機応変に対応できるといった利点があります。

 

したがって、

事業の先行きが読み切れない場合には、

外注で対応する方が、成功する確率は上がります。

 

 

逆に事業の先行きが、

長期にわたって見渡せるような場合で、

事業にあったスキルの人材確保が自社で可能な場合に、

内製化も検討すべきことになります。

 

 

このように外注にするのか、

内製化するのかを判断する上で、税務調査のサムネール画像

経営者の先見性が最大のポイントになってきます。

 

 

多額の借入を行って、

莫大な設備投資をした後に、

ブームが去ってしまい、

事業が衰退局面に入るということもありえますので、

 

目先の判断で、

利益率が良いから内製化ということのないように

長期的な視点を持って慎重に取り組みましょう。

 

 

外注化や内製化の長所や短所を踏まえた経営コンサルティング

 

匠税理士事務所では、

経営者が内製化や外注化を検討される際に、

より適切な判断ができるように数字を交えた経営コンサルティングを行っております。

 

弊所が提供する会計のアウトソーシングや、

コンサルティングサービスにつきましては下記よりご確認下さい。

 

→ 匠税理士事務所の法人向けサービス一覧 はこちらから

 

 

起業支援は下記よりご確認下さい。

→ 起業・開業支援サービス一覧 はこちらから

 

 

その他のサービスなどについてはこちらから 

経営支援の匠税理士事務所 TOPページへ戻る


 

 その他の経営お役立ち情報はこちらからご覧ください。

黒字経営コンサルティング

 

最終更新日: 平成26年12月6日

 

 

 

 


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎