匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

仕入債務回転率と仕入債務回転期間

会社の財務状態の安全性を分析する上で、

 

・売掛金などの売上債権

・在庫などの棚卸資産

・買掛金などの仕入債務に関する項目が大きく分けてあります。

 

今回はこの買掛金などの仕入債務に関する項目を中心とした

仕入債務回転率と、

仕入債務回転期間の計算方法を取りあげます。

 

 

仕入債務回転率の計算方法や計算式

 

仕入債務回転率とは、

買掛金などの仕入債務と、

商品の仕入高との関係を見る指標であり、

 

仕入債務には、

通常買掛金と支払手形が主なものとしてあげられます。

これらを用いた分析指標である仕入債務回転率を

算式に表現すると、以下のようになります。

 

仕入債務回転率 = 売上原価 ÷ 仕入債務

 

この仕入債務回転率が高くなると、MP900399475.JPGのサムネール画像

商品の仕入に伴う

買掛金や支払手形などの仕入債務に対して

現預金などの支払期間が短くなっていることを意味します。

 

このような場合には、

商品などの仕入先から何かしらの理由で

決済条件の短縮化や現金決済を要求されていたり、

 

これらの条件が悪い仕入先との

商取引が開始されたことなどから

資金繰りが悪化していることが考えられます。

 

仕入債務回転期間の計算方法や計算式

 

仕入債務回転期間とは、

仕入債務回転率の逆数で求められる安全性分析の指標の一つです。

この仕入債務回転期間は、

次の算式で表現することができます。

 

仕入債務回転期間(日) = 仕入債務 ÷ 売上原価 × 365

(今回はイメージしやすくするため、日数の算式を掲載しております。) 

 

 

仕入債務回転率と仕入債務回転期間などの財務分析のポイント

 

仕入債務回転率と仕入債務回転期間にあたっては、

1年間のみの仕入債務などで計算すると

経営判断を誤る恐れがあることから

過去2~3年の分析を行うことが重要です。

 

これにより全体としての傾向を抑えることができ、

適切な改善策を講じることが可能になります。

 

商品の仕入債務以外の企業の経営分析に関する情報は、

こちらからご確認下さい。

 

決算書の見方や各種ポイントについて記載しております。

→ 貸借対照表(BS)や損益計算書(PL)など会社の財務諸表の読み方や見方

 

 

・売上債権の回収状況に関する安全性分析については、

こちらからご確認下さい。

→ 売掛金などの売上債権回転率・売上債権回転期間の計算式

 

 

・棚卸資産の状況をを通じた安全性分析については、

こちらからご確認下さい。

→ 棚卸商品など在庫回転期間、在庫回転率の計算式と計算方法

 

 

財務分析や経営分析を活用した経営コンサルティング

 

匠税理士事務所では、

財務分析や経営分析を活用した企業の経営コンサルティングに

力を入れております。

 

財務分析や経営分析にご興味がある経営者の方は、

お気軽にご相談下さい。

 

上記以外のサービスラインや、

所属税理士、その他の事務所情報は下記より

世田谷区 税理士 の匠税理士事務所HPへ移動の上、

ご確認をお願いします。

 

最終更新日:平成26年4月26日

 


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎