匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

キャッシュフロー計算書の意味を理解し、経営に生かす

会社を経営されている方で、

資金繰り表を作成されている会社は多いと思います。

 

しかしキャッシュフロー計算書を作成されている会社は、

まだまだ少ないのが現状です。

 

キャッシュフロー計算書の意味を理解することは重要

 

「キャッシュフロー計算書は、何故重要か?」

「キャッシュフロー計算書とは、何なのか?」

 

このように思われている方も多いと思います。

 

色々な考えがあると思いますが、

上記の問いに対して、

 

キャッシュフロー計算書は、会社のお金の流れを理解し、

何故お金が増減したのかを理解するために重要であると言えます。

 

このキャッシュフロー計算書を駆使することで、

キャッシュフローが良くなるようには、

どうすれば良いか考える習慣がつき、

 

債権の回収速度や支払のタイミング、在庫の調整などに気を付け、

お金が残りやすい会社を作ることが可能になります。

 

 

キャッシュフロー経営を行うことで、強い会社を作る

 

キャッシュフローを重んじる経営を行われている会社は、

つぶれにくい強い体質になります。税務調査のサムネール画像

 

それは、赤字でも会社はつぶれませんが、

お金が無くなれば会社はつぶれます。

 

キャッシュフロー計算書を重視した経営を行えば、

必然的にキャッシュフローは、

良くなっていきますので、

つぶれにくい体質になっていきます。

 

 

キャッシュフロー計算書を月次経営支援に取り入れたコンサルティング

 

経営者は会社の利益とともに、

会社のキャッシュフローにも、

絶えず注意を払わなければなりません。

 

そこで匠税理士事務所では、

キャッシュフロー計算書の作成を行い、

これを月次経営のコンサルティングに取り込むことで、

 

会社の経営に、

【 利益 と キャッシュフロー】 の視点を持って頂けるようにサポートしております。

 

サービスの詳細につきましては、

こちらよりご確認をお願いします。

→ 法人のお客様向けサービス一覧

 

→ キャッシュフロー経営支援サービス

 

 

その他のキャッシュフローお役立ち情報はこちらから

 

キャッシュフロー計算書の意味を理解し、経営に生かす

 

キャッシュフロー計算書と資金繰り表の作成目的の違い

 

営業キャッシュフローを確保し、フリーキャッシュフローを生み出す

 

 

上記以外の会社様向けサービスなどにつきましては、

下記よりTOPページに移動の上、ご確認をお願いします。

 

目黒区 税理士 匠 TOPへ

 

 

最終更新日:平成26年7月11日


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎