匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

会社設立・法人設立後の銀行口座開設はどの銀行がいい?

会社設立・法人設立をされた後、

すぐに行うべきことの一つに銀行口座の開設があります。

 

この銀行口座の開設は、

今後の会社経営においてはとても重要です。

 

そこで今回は、

会社設立・法人設立した場合に、

どの銀行に口座開設すればよいのかについて簡単にまとめてみました。

 

会社設立・法人設立後の口座開設は、今後の事業運営に合わせて決めること

 

銀行での口座開設に臨む前に、

今後自分はどのような事業を行っていくのかを、

数年先まで考えてみる事が重要です。

 

なぜなら、各種金融機関によって、

その特徴が大きく変わってしまうからです。

 

金融機関ごとの強みが自社にとって、

最も機能するような選択を行うことが極めて重要となるのです。

 

それでは、金融機関ごとの特徴として、

どのようなものがあるのでしょうか。

 

口座開設する前に知っておくべき、銀行など金融機関ごとの特徴

 

1 メガバンクなどの都市銀行

 

東京三菱UFJやみずほ銀行、三井住友銀行などメガバンクの強みは、

やはりそのスケールの大きい事業規模です。

日本全国はもとより、海外にまで対応できるところが大きな強みとなります。

ただ、リスクを避け、保守的なところがあるため、

創業時の融資にはあまり積極的ではありません。

 

2 信用金庫

 

考える男性のサムネール画像地域密着型のため、

都市銀行のようなスケールメリットはないものの、

面倒見がよく、融資にも積極的で、

会社の経営状況に応じて、

経営状況の悪いときにも

経営者の相談に

応じてくれることが多いという特徴があります。

 

3 ゆうちょ銀行

 

郵便局の店舗を活用した

広い支店網が魅力となります。

ただ融資はほとんどやっていないのがデメリットです。

 

4 ネット銀行

 

手数料の安さが最大のメリットです。

しかし店舗がほとんどないのがデメリットになります。

 

会社を作ったら、最低2つの銀行口座を作ることをお勧めします。

 

会社設立を行い、会社を経営されていると、

1 売上を伸ばしていくことと、

2 資金を調達していくことが必要となります。

 

そのため、

1 自社の事業で売上を伸ばしていくには、

  どの銀行で口座を開設した方がよいのかという判断が求めらます。

  全国展開の店舗なら都市銀行やゆうちょ銀行、

  ネットショップならネット銀行といったイメージです。

 

2 資金を調達していくには、

  創業間もない頃は、信用金庫がお勧めです。

  もちろん、信用金庫の融資以外にも資金調達の方法はありますが、

  選択肢が増えるという点では、

  やはり信用金庫で口座開設を行っておくのがよいのではないでしょうか。

 

匠税理士事務所の会社設立などの起業支援サービス

 

匠税理士事務所では、2008年に事務所を設立してから一貫して、

起業支援に力を入れてきました。

 

会社設立や創業融資など起業に関する幅広いご相談にお応えできる

万全な体制をご用意しております。

また、ご要望の方には、法人の口座開設や創業融資などで

提携金融機関をご紹介差し上げることも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

 

匠税理士事務所の起業支援・創業支援サービス 一覧はこちらから

 

 

最終更新日:平成26年12月19日 

 

 

 

 

 

その他のサービスラインは下記TOPページよりご確認下さい。 

世田谷区の税理士は匠税理士事務所


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎