匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

ソフトウェア販売などIT業界の売上・収益ポイント

匠税理士事務所では、

IT事業での起業支援や経営支援を行っております。

 

今回は、IT業界で起業された方や

会社を既に経営されている方で新しくソフトウェア販売を開始したいというご相談に対して、

税務会計上のポイントをまとめてみました。

 

お客様から依頼されて納品するようなソフトウェア販売について

 

お客様から依頼されて納品するようなソフトウェアについては、

基本的には、お客様に依頼されたソフトウェアを納品・引渡をした際に

売上(収益)を計上することになります。

 

ここでいう引渡しがあった日は、

出荷日、検収日、購入者の使用収益可能日、検針日等も考えられますが、

契約内容に応じて合理的であると認められる日のうち、

法人が継続して収益を計上をしている日とされます。

 

市場販売目的ソフトウェアをダウンロードさせて販売する場合の収益計上時期について

 

上記で記載しましたお客様から依頼されて納品するようなソフトウェアのように

税務上、棚卸資産の販売による収益は、

その引渡しがあった日の属する事業年度の収益・益金の額に算入することとされています。

 

ソフトウェアの販売は、一般的にCD-ROM等をいったん販売代理店に提供し、

販売代理店からユーザーに出荷します。

 

会計処理上は、ユーザーがそのソフトウェアの利用可能となった時点で

収益を計上することになるので、
それぞれのユーザーの利用可能日を把握する必要があります。

そこで、ユーザーにライセンスキーを取得してもらうのです。

 

ライセンスキーは、ソフトウェア企業が管理し、
直接ユーザーに送り、その利用可能日を把握するという方法がとられています。

 

インターネットでのダウンロード販売の売上はいつになる?

 

最近は、ソフトウェアの販売方法も多様化し、

インターネットからダウンロードするケースも多く見られるようになりました。

 

このような場合、料金を入金された際に、

ライセンスキーを発行し、ユーザーが利用可能な状況になるので、

この段階で収益を計上する形式が一般的です。

 

【 まとめ 】

ソフトウェアの販売については、

その販売形態に従い収益認識日を決定することが重要です。

 

いずれもインターネットビジネスはすごしスピードで変化しているため、

税務会計の取扱と実際のビジネス内容を照らし合わせて収益計上について

検証することが重要です。

 

匠税理士事務所のIT業界向け会社設立サービス

 

匠税理士事務所では、

これからIT業界で起業をご検討されている方に向けて、

世田谷区や目黒区、品川区を中心に東京都全域で会社設立の代行を承っております。

会社設立サービスの詳細はこちらよりご確認下さい。

→ 世田谷・目黒・品川の会社設立

 

 

IT事業の経営支援サービス

 

弊所では、毎年公的機関で、

経営セミナーの講師を担当させて頂いたり、

独自の経営支援サービスを開発するなど経営支援に力を入れております。

 

・経営支援に強い税理士を探している。

・事業内容をしっかりと理解してくれて、経営相談しやすい会計事務所を探している。

 

このようなお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

経営支援サービスの詳細はこちらからご確認下さい。

→ 法人経営サービス   

 

 

IT業界の方に向けた匠税理士事務所のご紹介

 

IT業界の方に向けた会社設立の記事

→ IT業界に強い税理士の会社設立

 

IT業界の特殊な論点などの記事

→ IT業界が得意な税理士・会計事務所


 

 

 

最終更新日:

平成27年12月19日

 

上記以外のサービスなどにつきましては、

下記よりトップページへ移動の上でご確認をお願いします。 

目黒 税理士の匠税理士事務所HPへ


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎