匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

会社設立の本店登記場所はどこがいい?

これから起業をご検討される方で、

会社設立を予定されている方もいらっしゃると思います。

 

その際に、株主構成はどうするのか、

役員構成はどうするとよいかについては以前に記載しましたが、

今回は本店として登記する場所をどこにすべきかについて記載しました。

【関連記事:会社設立時の役員(取締役)・株主などパートナー選びは慎重に】 

 

会社設立の際の本店登記はどこがいい?

 

会社設立をこれまで数多く担当させて頂きまして、

本店の登記場所として、考える男性のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

ご相談を頂くのは大きく以下のようなケースが多いです。

 

1 ご自宅又はご実家などの一軒家

2 現在賃貸借契約を結ばれて利用されているマンションなど

3 登記の名義だけを貸してもらえるバーチャルオフィス

 

それでは、上記それぞれの場所を

本店として登記した場合には、

どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

ご自宅又はご実家などの一軒家を会社設立時に本店登記した場合

 

ご自宅又はご実家などの一軒家を、

会社設立時に本店として登記した場合の最大のメリットは、

引越しなどが考えられにくいので、

本店を移すということがあまりなく、

余計な登記のための諸費用が発生しないことが挙げられます。

 

逆にデメリットとしましては、

本店が自宅になるので、

会社設立後に、リース会社や保険会社、

税理士事務所・会計事務所や、

社会保険労務士事務所等から大量のDMが送られてきてしまうことです。

 

賃貸借契約を結ばれているマンションなどを本店とする場合

 

賃貸借契約を結ばれているマンションなどを

本店とする場合のメリットは、登記には部屋番号を載せないようにして、

表札に会社名を書かないとDMなどが配達されにくくなることもあるようです。

 

デメリットは、

引越しなどがある度に余計な登記のための諸費用が生じてしまうこと、

所轄官公庁へ異動届出書を提出する必要が出てしまうことが挙げられます。

 

登記の名義だけを貸してもらえるバーチャルオフィスを本店にする場合

 

登記の名義だけを

貸してもらえるバーチャルオフィスを本店とする場合のメリットは、

上記の賃貸借契約を結ばれているマンションなどを本店とする場合と同様に、

登記には部屋番号を載せないようにして、

表札に会社名を書かないとDMなどが配達されにくくなることや、

有名な場所にオフィスがあるように見えるので、

事業規模が大きな会社に見せることもできます。

 

デメリットしては、

取引相手などが調査をすれば、バーチャルオフィスであることが分かるので、

逆に会社の実在性を疑われたり、

金融機関によっては、バーチャルオフィスが本店の場合は、

法人の口座開設を断られるケースもあるようです。

 

匠税理士事務所の会社設立・起業支援サービス

 

匠税理士事務所では、

これまで世田谷区や目黒区、品川区など東京都中心に、

数多くの会社設立をお手伝いさせて頂きました。

 

そのため、会社設立の代行や経理のサポート、

創業融資のコンサルティングといった起業支援サービスの充実はもとより、

 

・法人口座開設のためスピーディに対応してくれる金融機関を紹介して欲しい。

・会社設立と同時に許認可を取得したい

などのような起業家の様々なニーズにお応えできるような提携先の充実も心掛けております。

 

これから起業をご検討中の方は、お気軽にご相談下さい。

匠税理士事務所の起業支援サービス一覧はこちらから

 

会社設立とその後の経理や経営支援サービス

→ 世田谷区や品川区など東京都での会社設立の代行サービス

 

起業に伴う資金調達サービスはこちらから

→ 世田谷区や目黒区、品川区での創業融資支援サービス

 

 

最終更新日:平成28年2月5日

 

 

会社設立以外の業務内容や料金などにつきましては、

下記よりTOPへ移動の上でご確認をお願いします。

東京都 税理士の匠税理士事務所HPへ


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎