匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

路線価方式や倍率方式など土地評価と相続税

匠税理士事務所TOPサービス個人相続税申告・相続対策の税理士事務所>路線価方式や倍率方式



匠税理士事務所のホームページにご訪問ありがとうございます。
弊所は世田谷区や目黒区、品川区など東京都23区を中心に
税務コンサルティングに力を入れている会計事務所です。


今回は相続税や贈与税を計算するときに、
相続や贈与などにより取得した土地や家屋を評価する必要がありますので、
土地の主な評価について説明します。


土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。
そして土地の評価方法には、大きくわけて路線価方式と倍率方式があります。


関連記事

相続した土地・不動産の相続税評価はどうやる?


土地評価における路線価方式とは


路線価方式は、路線価が定められている地域の評価方法です。


路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の


1平方メートル当たりの価額のことで、千円単位で表示しています。


路線価は、毎年7月にその年1月1日時点の価額として国税庁より公表されます。


路線価方式における土地の価額は、
路線価をその土地の形状等に応じた奥行価格補正率などの各種補正率で補正した後に、
その土地の面積を乗じて計算します。


<路線価を基とした評価額の計算例>
正面路線価(300千円)×奥行価格補正率(1.00)×面積(180平方メートル)=評価(54,000千円)


土地評価における倍率方式とは


倍率方式は、路線価が定められていない地域の評価方法です。


倍率方式における土地の価額は、
その土地の固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて計算します。


固定資産税評価額は都税事務所、市区役所又は町村役場で確認することができます。
また、評価倍率は路線価図とともに毎年公表されます。


匠税理士事務所の相続税申告・税務コンサルティングサービス

匠税理士事務所では、

相続税に関する税務申告から生前贈与対策など相続税対策、
事業承継対策など税務コンサルティングを行っております。


世田谷区や目黒区、品川区など東京都23区を中心に、司法書士・弁護士・資産税に特化した公認会計士と連携して、
お客様のお悩みを解決できるようにしております。


相続対策サービスや税務申告サービスにつきましては、こちらよりご確認を頂けましたら幸いです。


目黒区の相続税に強い税理士は匠税理士事務所

記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。
最終更新日:平成28年9月23日

相続税以外のサービスや税理士・スタッフの経歴などにつきましては
下記よりTOPページへ移動の上でご確認を頂けましたら幸いです。


目黒の税理士事務所は匠税理士事務所


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎