匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

会社の借入金はどれ位がいい?返済力を測るには

会社がつぶれてしまう一番の要因は、借入金を返せなくなることにあります。

会社の安全性は、単に借入金の大きさではなく、
会社の儲ける力と比較して借入金額がどのくらいあるかで判断します。


借入を返済する力の計算方法 【わかりやすくするため簡易式】

借入金 ÷ 営業活動によるキャッシュ・フロー = 借入返済能力



借入金返済の軸! 営業活動によるキャッシュ・フローとは

借入金の返済の判断の軸となるものは、

損益計算書の利益の金額ではなく、実際お稼いだおカネの金額です。


ですから、損益計算書上の利益に、まずお金が出ていかない減価償却費を加算します。

そして収益の中に、損益計算書の計上額と、実際にやり取りしたお金との間に差額があるものを加減算していきます。


貸借対照表上の売掛金や棚卸資産の減少は、
おカネがその分回収されたので、キャッシュフロー計算ではプラスになります。


また、売上をあげ売掛金を計上することは、おカネが入ってきていませんから、マイナスするのです。

負債は逆で、負債が増加するということは、おカネを払わずにすんだということでプラス、

負債の減少はおカネを支払ったときに起こるのでマイナスします。

このように、お金を中心にした考え方(キャッシュフロー)を軸に上記計算式で考えてみた結果が、

借入金の返済に要する年数です。


【 関連記事 : BSやPLなど会社の決算書や財務諸表の読み方や見方 】

キャッシュフロー計算書・CFの見方や読み方イメージ図.jpg


借入金の返済能力と金融機関の融資


【 この返済にようした年数を基に、大まかに区分するといかのようになります。 】
3年未満・・・安全上問題ない
4年以上10年未満・・・問題ないが、やや借入金は多い
10年以上・・・稼ぎと比較すると借入金は過大で、安全上問題がある

このように判断されることが一般的です。


借入金の返済年数からみてみると


上記の算式で借入を返済する力を簡単に区分しましたが、

金融機関の考え方もおおむね同じようです。


実際の融資コンサルティングの現場でも運転資金は長くても5年ですし、

設備では7年位の返済期間になるのが一般的です。


メガバンクは更に返済期間が短くなる傾向があるようです。

打合せ.png


目黒区自由が丘の匠税理士事務所の経営支援サービス


匠税理士事務所では、各種機関で経営セミナーの講師を務めるなど、

【 お客様の会社に利益とお金を残すこと 】に力を入れている会計事務所です。

利益とお金を残すためには、利益が出る仕組み・お金がたまる仕組みがとても重要で、

これが実現できた後は、効果的な節税を提案致しております。


所属税理士や社員は、いずれも30代から40代となっており、同世代の経営者の方から

ご支持を頂いている税理士事務所です。


匠税理士事務所の税理士プロフィールやアクセス事業内容などにつきましては、

こちらよりご確認をお願いします。

→ 目黒区自由が丘の匠税理士事務所 事務所概要


【 税理士の対応地域 :世田谷区や目黒区、品川区など東京都23区全域 】

pixta_4118543_S.jpg








匠税理士事務所からのお役立ち情報や料金等その他の情報につきましては、

こちらよちトップページへ移動の上でご確認をお願い申し上げます。

→ 世田谷や目黒、品川の税理士は匠税理士事務所

最後までお読みくださりまして、ありがとうございました。

今後もより多くの方のお役に立てるように記事の充実に努めて参ります。


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎