TOP > お役立情報 > 税務情報>確定申告で気を付けるべき改正税法

200%定率法特集ページ 減価償却改正と確定申告 目次

200%定率法特集ページ 減価償却改正と確定申告 目次

平成24年1月25日に公布された減価償却資産の耐用年数等に関する省令の一部を改正する省令(平成24年財務省令第10号)(以下「平成23年12月改正」といいます。)により、法人の減価償却制度に関する規定(法31、法令48の2等)が改正されました。法人の減価償却制度の改正は、平成24年4月1日以後に終了する事業年度の法人税から適用されます。


目次

  • 200%定率法とは?確定申告の基礎知識編
    200%定率法は、償却率、改定償却率、保証率が異なるだけで、改正前の計算方法と同じ計算方法となります。平成24年4月1日以後に取得をされる減価償却資産については、新しい償却率、改定償却率、保証率を使用していままでどおり減価償却を行います。

  • 改正事業年度の200%定率法経過措置と確定申告
    改正事業年度(平成24年4月1日前に開始し、かつ、同日以後に終了する事業年度)において、同じ事業年度内に取得した減価償却資産について、200%定率法と250%定率法のそれぞれの償却方法により償却を行う必要が生じてしまいます。また、平成24年1月に公布された法案に対し、適用が平成24年4月1日と期間が短いため、新制度への企業側の準備期間などもふまえ、経過措置がとられることとなりました。

  • 200%定率法へ償却方法を変更した際の確定申告注意点
    平成19年4月1日から平成24年3月31日までの間に取得をされた減価償却資産について、200%定率法の適用を受ける旨の届出書を提出している場合には、平成24年3月31日より前に取得した減価償却資産についても、200%定率法により償却することができます。今回は、その場合の計算方法について解説をしていきます。

  • 確定申告における資本的支出の取得価額の特例の適用
    平成19年4月1日から平成24年3月31日までの間に取得をされた減価償却資産(旧減価償却資産)で250%定率法を採用している場合で、平成24年3月31日までの間に資本的支出(追加償却資産)を行ったとき について解説をしていきます。



確定申告と改正税法|サイト運営者とサービスの紹介

確定申告の匠税理士事務所トップページはこちらから

会社の会計・経営・税金支援サービス会社の税務サービスについてはこちら

個人事業主の経理と申告サービス個人事業主の税務サービスについてはこちら




このサイトの運営者
匠税理士事務所
東京都目黒区自由が丘1-4-10 カランタ1966 404
このサイトの利用にあたっては、お知らせをご確認ください。