匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

IT事業における特許権使用に伴う契約一時金と使用料の扱い

スマートフォンの普及などに伴って、

アプリケーション・システムの開発などを

行うIT関連企業の方も増えてきているといわれています。

 

IT事業での経費の取扱は特に注意が必要

 

しかし、ITは税務の中でも特殊な論点が多い業種でもあります。

代表的なものとしてましては、

経費について税務上のソフトウェアの要件に該当する場合には、

支払ったときに損金(経費)になるのではなく、

 

一度資産に計上し、税法の定めにしたがい用途に応じて減価償却するといった

期間按分の方法により損金(経費)にすることが挙げられます。

 

 

IT事業における特許権使用に伴う契約一時金と使用料について

 

その他にもITは、特殊な技術を使うことが多く、

これに伴い特許権の使用契約もよく出てきます。

特許権の使用契約では他社の保有する技術を利用させてもらう代わりに、

契約一時金と特許使用料を毎月払うという形式がよく見られます。

 

 

それではこのような取引の取り扱いはどうなるのでしょうか?

まず、契約一時金は工業所有権に準じて扱うため、

無形固定資産として減価償却を行うことになります。

 

原則としてその耐用年数は8年となりますが、

特許技術の利用権の存続期間が耐用年数の8年に満たない場合には、

その存続期間をもとに定額法にて減価償却を行うことになります。

また、毎月の特許使用料は減価償却という概念は出てきません。

 

 

このようにITは業種的に複雑な論点が多くあり、

金額も一取引あたり多額になりがちです。

 

匠税理士事務所によるIT事業支援サービス

 

匠税理士事務所では、

これまで大手のIT会社・PC製造会社の税務申告を担当してきたITに強い税理士が、

IT分野の経理・決算・税務申告をしっかりサポートするIT企業向けサービスをご用意しております。

 

サービスの詳細につきましては、下記よりご確認下さい。

IT事業に強い税理士による起業や創業サポート はこちらから

 

IT業界の方に向けた会社設立の記事

→ IT業界に強い税理士の会社設立

 

IT業界の特殊な論点などの記事

→ IT業界が得意な税理士・会計事務所

 

 

IT業界の方以外にも、

会社の会計や経理、決算、確定申告などの税金に関するご相談や、

資金繰り・創業融資などにつきましては 税理士 目黒 匠税理士事務所へご相談下さい。


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎