匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

起業したいと思ったら、何をするべきか

WEBサイトへご訪問ありがとうございます。


匠税理士事務所では、世田谷区や目黒区、品川区などで会社設立など起業支援を行っており、

そのため各起業セミナーでも講師を担当させて頂いております。


今回は、【 起業したいと思うのですが、何をすればいいですか? 】 というご相談を以前に頂いたことから、

こちらについて記載してみました。



まず何にいくら程のお金が必要かを考えてみましょう


起業したい = 成功したい という発想になりがちですが、

成功の前に、 【 起業したい → 生き残ること → 成功すること 】という【生き残ること】が前提条件となります。

生き残るためには、お金はとても重要ですので、

まずは起業してから半年間必要になってくるお金を計算してみましょう。


必要なお金は大きく分けて、 【 設備資金 】 と 【 運転資金 】 の2つに分かれます。


1 設備資金とは、飲食店であれば機械など、IT事業であればPCや複合機などの一時的に必要なお金です。

2 運転資金とは、人件費や家賃など事業を維持していくうえで必要なお金です。


これらを計算してみて、半年間の必要なお金があれば、最低限必要なお金があるということになります。


売上の確保はできるか


会社員と起業家の最大の違いは、

会社員は、雇用契約ですので毎月給与が保証されていますが、

起業した場合には、仕事がなければお金が入ってこないというところです。


逆に仕事を任せて頂けて、お金が入ってくれば、

会社員よりも経営者の方が手元にお金が残る割合が多いですから、

比較的経営者になって成功されている方が多いような印象を受けるのはこのためでしょう。


上記で半年間起業して生きていく上で必要なお金を確保して、

売上を確保できれば、成功する確率は高くなります。


計算.png

このような考え方は、創業時の創業計画書を金融機関の方が審査するときにも同様です。

つまり、 【 何に、いくら必要で、お金を無事返せるだけの売上・利益をあげれるか 】 


逆を言えば、

1 必要なお金を準備して起業をして、
2 売上を上げる目途がしっかりと立っている

この2要件をクリアできると、融資での資金獲得の成功割合も事業の成功割合も上がっていくというわけです。


必要なお金を用意できているという方は、

これまで起業のためしっかりと準備をしてきたというように金融機関では評価します。


このような方は、お金を貯めれるわけですから、返せるという見方になるわけです。


逆に必要なお金は全て融資で獲得しようという発想では、

金融機関もこの方は大丈夫だろうか・・と不安になってくるわけです。


話が長くなってしまいましたが、起業したいと思ったら、

1 必要なお金をしっかりと準備していくこと
2 売上を確保できるように見込み客をしっかりと囲い込んでいくこと

このような地道な準備をしていくことが重要です。


世田谷区や目黒区、品川区での会社設立や創業融資など起業支援


匠税理士事務所は、世田谷や目黒、品川を中心に会社設立や創業融資など起業支援を行っております。


これから株式会社や合同会社など会社設立をしたいという方にむけて、

会社の株主や資本金をどうすればいいのかなどコンサルティングを行ったり、

会社設立後の経理アウトソーシングや給与計算、社会保険手続代行なども承っております。


各種起業セミナーや経営セミナーでも講師を務めておりますので、

経営に関するアドバイスにも定評がございます。


匠税理士事務所の起業支援サービスの詳細につきましては、

こちらよりご確認をお願い致します。

【 → 世田谷区や目黒区、品川区の会社設立は匠税理士事務所 】

世田谷区や目黒区、品川区での会社設立.jpg


会社設立や創業融資など起業支援以外の税務サービスや所属税理士などは、

こちらよりご確認をお願い致します。

【 → 目黒区の税理士は匠税理士事務所 】

 

 


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎