匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

社長の営業能力が起業後は重要です。

起業後に、重要なことは、

得意先や販路を築いて、

売上を安定化し, 

毎月の固定的な経費を賄うこと。

つまり、生き残ることです。

 

そのため起業後に

社長さまに最も行って頂きたいことは営業です。

 

営業は社長の重要な仕事

 

商品を売るためには、

当然営業ですが、

 

営業の人材を採用して

その担当者に営業を任せるのではなく

社長様自らが営業をすべきです。

 

・ 今までに営業経験がない・・・・

・ 営業が苦手  など

 

人によって営業に対する考えは

異なると思います。

 

それでも営業について

もう一度しっかりと勉強し、

営業活動を継続することが大切です。

 

 

社長の営業力が起業後に重要な理由

 

何故、営業が重要なのでしょうか。

 

多くの会社の場合

売りたい商品と、

お客さまに買って頂ける商品は乖離します。

 

また商品の値段や仕様についてもMP900424406.JPGのサムネール画像のサムネール画像

市場のニーズと会社の理想では差異が生じます。

 

当然のことですが

起業時には、

こんな会社にしたいという想いが強く

これが見えなくなることがあります。

 

 

このとき社長様が営業活動を行っていると

このお客様・市場のニーズを

直接聞くチャンスが増え、

自社商品の開発に取り入れる事が可能となります。

 

その結果として、

お客様に好まれる良い商品が生れたり、

 

どの分野の自社商品や自社サービスが競争力があるのか、

市場とライバルとの考えた上での最適な価格は幾らなのか、

なども見えてきて、

販売や価格などの戦略も見えてきます。

(関連記事:多角化経営・多角化企業それとも集中化戦略? )

(関連記事:売上総利益・粗利を決める売価決定の重要性 )

 

 

また、社長が現場のお客様の声を聞くことで、

どのような販売方法・販売戦略が最適なのかが分かるようになります。

(関連記事:販売戦略は重要!自社販売か、代理店等の委託販売か? )

 

 

社長さまが自ら先頭にたって

営業できるかどうかで社内の士気も異なります。

 

会社員としての営業と自分の会社での営業は違う

 

会社員の時の商品や営業、社内の仕組みと

起業後の価格や、

会社の信頼、商品への信頼は全く異なり、

 

これに気が付くためにも

社長様自ら営業を行うことは非常に重要です。

 

失敗や苦い思いをすることもありますが

自ら率先して、得意先を回り、

お客様の声を多く集め

魅力的な商品を作ることをお勧め致します。

 

 

起業家を支援する匠税理士事務所のサービスライン

 

匠税理士事務所では、

同世代の30代や40代のお客様の起業支援に力を入れております。

起業支援サービスの詳細はこちらからご確認下さい。

 

※ 会社設立サービス  

 

※ 創業融資や起業の資金調達

 

 

既に会社を経営されている方はを支援する経営支援サービスは

こちらからご確認下さい。

→ 会社経営支援と会計アウトソーシング

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

経営コンサルティング情報  ※女性税理士の宮崎千春による起業塾 

記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。

更新日時:26.1.9
目黒の匠税理士事務所ホームページ TOPへ


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎