匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

起業時のお金はどうする?目黒区の制度融資や日本政策金融公庫

サービス起業創業融資支援サービス>目黒区の日本政策金融公庫・制度融資


これから起業をしたいという方で、とても重要なことはやはり、【起業時のお金】の準備です。


全額を自己資金で起業される方は、一部で多くの方は、創業融資を利用されます。


そこで今回は創業融資のうち主要である

1 日本政策金融公庫の創業融資

2 地方自体の制度融資 について記載しました。




目黒区の制度融資 融資情報

相談.png

目黒区の創業者向け融資であれば、地方自治体による融資制度も検討ができます。なお平成26年12月時点の情報ですので、最新の情報につきましては各行政機関にてご確認下さい。


目黒区の融資あっせんの相談と申し込み

目黒区の融資あっせんの相談と申し込みの窓口は商工相談所(目黒区総合庁舎1階)で行っています。

貸付限度額や貸付期間、金利などの面で民間金融機関より有利な扱いとなっている反面、 商工相談所(目黒区総合庁舎1階)への相談の予約をし、2回の来所が必要となります。


目黒区の融資の流れ

<1> 目黒区総合庁舎1階に事前予約の上、相談に行く必要があります。

 

ここで目黒区の商工相談所(目黒区総合庁舎1階)にて、融資の面談がされます。

1 相談カ-ドを作成(事業内容、融資希望額等
2 面接(資格の確認、利用制度の決定等)
3 申込書の配布、必要書類の説明

ポイントは、面接を社長様単独で行わなければなりません。また、事前予約が必要な点も確認しておきたい点です。

いかに情報収集をして、書類を準備してから行くかも大切です。



<2> 商工相談所(目黒区総合庁舎1階)へ申し込みと審査

必要な書類が揃ったら、事前予約をして商工相談所(目黒区総合庁舎1階)へ事前予約の上、提出と審査に行く必要があります。

一部の特別貸付については、中小企業診断士の企業診断あります。

目黒区において、ここでいったん審査が入りますので、面談や書類作成をしっかりしておくことに加え 目黒区の融資についての但し書きもしっかり頭に入れておきましょう。

・具体的な資金計画を立て、融資の必要性が認められるようにしておくこと。
・日頃から、帳簿類を整理し、経理内容を明確にしておくこと。

創業融資のお役立ち情報(バックナンバー)をお役立てください。
創業融資の情報館 バックナンバー

記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。



<3>金融機関への融資申し込み

目黒区の審査が終わると、あっせん書が出されます。この書類を社長様であっせん先の金融機関に提出します。
ここで、金融機関の審査や、場合によっては信用保証協会の審査が行われます。



また、自治体によっては、以下のような条件を貸付対象者に課されています。

○ 自治体に住所があるか、自治体で事業を営んでいるか
○ 同一の場所で同一の事業を継続して一年以上営んでいること
○ 事業税や住民税を滞納していないこと
○ 信用保証協会の保証対象業種であること
・・・・・定款の事業目的に、信用保証協会の保証対象業種以外はいれないようにする。
   例)金融業、遊興娯楽業 

地方自体による制度融資は、自治体により要件が異なりますので、
詳細につきましては、各自治体のHPにてご確認を頂けましたら幸いです。




公的融資を受けるためには、
事業計画書などの書類の審査に重点が置かれます。

つまり、公的融資を受けるためには、融資関係書類を適正に作成することがカギとなります。

目黒区をはじめ地方自治体の制度融資については、これらの一連の作業を全て自分で行わなければなりません。

一方起業では、本業に集中したいというニーズや保証人がいないケースもあるかと思います。日本政策金融公庫の新規開業資金については起業する中小企業に手厚い制度です。 こちらも合わせて検討することをお勧めします。

関連記事

品川区の制度融資の内容、必要書類や流れとポイント




日本政策金融公庫の新規開業資金(新企業育成貸付制度)

会社.png

日本政策金融公庫については、創業融資のお役立ち情報(バックナンバー)をご覧下さい。
起業や創業の味方!日本政策金融公庫とはどんな組織
日本政策金融公庫の創業融資とは?成功のため6つのポイント

≪新規開業資金≫

運転資金・・・融資限度額4,800万円 返済期間7年以内
設備資金・・・融資限度額7,200万円 返済期間20年以内


利用できる人

1.現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めしている企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方

2.大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方

3.技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方

4.雇用の創出を伴う事業を始める方

5.産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業を受けて事業を始める方

6.地域創業促進支援事業(注2)による支援を受けて事業を始める方

7.公庫が参加する地域の創業支援ネットワークから支援を受けて事業を始める方

8.民間金融機関(注4)と公庫による協調融資を受けて事業を始める方

9.1~8のいずれかを満たして事業を始めた方で、事業開始後おおむね7年以内の方


なお、貸付金残高が1,000万円以内(今回のご融資分も含みます。)の方については、本要件を満たすものとします。

一定の要件を満たす方は、3,000万円以内(うち運転資金1,500万円以内)に限り、無担保・無保証人でご融資する「新創業融資制度」が検討できます。



≪女性、若者/シニア企業家資金≫
運転資金・・・融資限度額4,800万円 返済期間7年以内
設備資金・・・融資限度額7,200万円 返済期間20年以内


利用できる人
○女性
○30歳未満か55歳以上の人

上記いずれかの条件を満たして事業を始めた人で、
開業後およそ7年以内の人


制度の詳細は、随時改正されますので、日本政策金融公庫様のホームページにて直接ご確認を頂けました ら幸いです。

→ 日本政策金融公庫 へのリンク




匠税理士事務所の創業融資支援サービス

創業融資支援サービス.png


匠税理士事務所では、これまで数多くの起業支援を担当させて頂きました。なかでも資金調達のサポートでは、世田谷区や目黒区、品川区などを中心に地域トップクラスの実績がございます。資金調達に関するご相談や、創業計画書の作成サポート、面談対策や面談立ち合いなどのサービス詳細につきましては、以下よりご確認を頂けましたら幸いです。


創業融資支援サービス

目黒区や品川区、世田谷区の創業融資や起業の資金調達

創業融資バナー.jpg

経営革新等支援機関の詳細 中小企業の財務・経営を支援する経営革新等支援機関 へ。

記事についてはお知らせの免責事項をご確認下さい。


起業支援サービス一覧

会社設立サービス...これから会社を作るお客様向けの会社の設立・経理や税金、経営のサポートサービス。


起業支援サービス...すでに会社を設立されたお客様向けの経理や税金、経営のサポートサービス。


給与計算サービス...給与計算の代行や、社会保険の加入手続き、人事労務のサポートサービス。


助成金サービス...正社員化や社員教育についての助成金代行とコンサルティングサービス。


世田谷 税理士 の匠税理士事務所HPへ


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎