匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

会社で車両購入の場合に自動車ローン返済・借入期間はどれくらい?

【これから株式会社や合同会社など会社設立を行って起業をしたいが、

事業を行う上では、営業車など車両を法人で購入する必要がある。】


このような場合に自動車はどのように購入するとベストなのか、

お悩みの起業家の方も多いと思います。


そこで今回は会社設立など起業時に会社で車両を購入する場合に

現金一括 又は 自動車ローンのどちらがよいのか?


また自動車ローンの場合には、返済・借入の期間はどれ位がよいのかについてまとめてみました。


現金購入と自動車ローンで購入の比較


現金購入と自動車ローンで購入のいずれも自社で購入するわけですから、

自社に所有権があり、リースと異なり細かい制約や制限が付かずに自由に車両を扱えたり、


経費化するスピードは、法律で決められているため4年や6年(中古車は更に短い期間)などで減価償却を行う

複数年で案分して経費化という基本的なところは同じような扱いです。


大きく異なるのは、当然ですが金利部分です。

自動車ローンでは4%から6%の利息が出てきます。


この利息の負担がある分、現金購入が有利にも思えますが、

会社を経営しているとお金はとても重要です。


自己資金1,000万円で起業して、4%の金利を払っても年間で40万円。

960万円は事業に運転資金として投下出来るわけですから、

売上がしっかりと見込めるような場合には、

960万円を事業投下して4%以上の利益を上げて稼ぐという発想が重要です。


こちらの事業投下と金利の両方を天秤にかけることで、

自社にとってはどちらがよいのか明確に見えてきます。


自動車ローンや借入期間はどれくらいがよいのか?


赤字の場合でも会社はつぶれませんが、お金がなくなれば会社は倒産します。


そこで自動車ローンを組んで、自己資金1,000万円に自動車500万円をローンで組むと、

1,500万円の資産を動かせるようになるわけですから、

事業の成長速度は上がります。


一方で自動車ローンや借入は返済をしなければなりませんから、

この返済期間をどれ位に定めるかですが、

出来る限り長い期間(一般的には5年ほどが多いようです)をお勧めします。


確かに長期間借りると一見金利が多くなるように見えますが、

ポイントは金利で会社がつぶれることは少ないため、


自動車ローンや借入で車輌購入する場合には、

手元にできる限り長い期間お金が残り、事業投下できる状態が続くことをお勧めます。


匠税理士事務所の会社設立や創業融資など起業支援


匠税理士事務所は世田谷区や目黒区、品川区を中心に

会社設立や創業融資など起業支援を行う会計事務所です。


これから会社設立をしたい方に向けて、自己資金と必要資金のバランスをヒアリングし、

融資が必要な場合にはどのような方面からどれ位の借入がよいのかなどコンサルティングします。


経営セミナーでも講師を担当する経営支援に強い税理士が、

起業時の入金サイクル・出金サイクルなどヒアリングして資金繰りなどにも丁寧にアドバイス致します。


匠税理士事務所の会社設立や創業融資など起業支援サービスの詳細につきましては、

こちらよりご確認をお願い致します。

【 → 目黒区の税理士は匠税理士事務所 】


世田谷区や目黒区、品川区での会社設立.jpg


目黒区自由が丘にある匠税理士事務所の事務所概要


匠税理士事務所は目黒区自由が丘に2008年に設立された会計事務所です。

30代・40代の税理士とのスタッフで構成されております


起業に必要なあらゆるご相談に対応できるように

【人事労務】・【法務】・【登記】・【許認可申請】・【助成金申請】など各分野の専門家とも連携しております。


目黒区自由が丘の匠税理士事務所と提携先の概要につきましては、

こちらよりご確認をお願い致します。


【 → 目黒区自由が丘の匠税理士事務所の概要  】

目黒区自由が丘の匠税理士事務所の外観写真01.jpg


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎