匠税理士事務所TOP > お役立ち情報 > 匠からのお知らせ
起業と黒字化専門の会計事務所

契約書とは何か?その書き方や作り方、効果とは

匠税理士事務所のホームページへのご訪問ありがとうございます。


弊所は、世田谷区や目黒区、品川区などを中心に、

会社設立などの起業支援や中小企業の経営支援に力を入れている会計事務所です。


起業してかれから事業をはじめるとき、既に会社を経営されている方の両方で大事なのは、契約書です。


契約書に基づいて請求書が発行され、お金のやり取りが行われ、領収書が発行されるというように、 契約書は全ての取引の軸となり、起源となる書類です。

今回はこの契約書とは何か?その書き方や作り方、効果についてまとめてみました。


専門分野.png

契約や契約書とはそもそも何か


契約とは、当事者が交わす約束事(意思表示の合致)のことです。

契約は口頭の合意によっても成立しますので、契約書が無かったとしても契約自体は成り立ちます。


しかし後で契約自体があったのか、契約内容がどのようなものであったかという点について

トラブルが起きた場合に契約書の存在が非常に重要となります。


契約書の書き方や作り方


契約書をだれが作成するかについては、契約の当事者間の力関係や慣習などにより色々なパターンが考えられますが、

大きくは下記の2つのパターンに分類されます。


①自社が作成する場合
②相手が作成する場合

契約は相手があることですので、自社で作成ができたからといって必ず自社の意見のみが

反映されるものではありませんが、基本的には自社で作成するほうが有利な場合が多いです。


契約書の提案を受ける場合(相手が作成する場合)は、

自社に不利な規定が無いか細心の注意を払って検討する必要があります。


インターネット上から契約書をダウンロードするデメリット


契約書の果たす重要な効果・役割は


①自社のビジネスをうまく進めること
②トラブルの発生時に最大の武器として使用することの2点です。

すなわち契約書を作成する必要があるビジネスの目的に、

その契約書の内容が合致しているかが非常に重要となります。


近年はインターネット上で様々な契約書のひな型が公開されています。

しかし、上記の契約書はトラブルを想定して作成されたものでは無いものが多く存在します。

また契約書作成上で必須の項目が抜けていたり、違法な内容を含んでいる場合もあります。


弁護士が自身の責任で公開している場合や、有名な事例に使用された契約書など、

法律的には全く問題ない内容の例もありますが、必ずしもそれらの文例が自社のビジネスに合致しているとは限りません。


インターネット上から借りてきた契約書では、大事な部分が欠落しており、

トラブル発生時に役に立たない場合も考えられますので注意が必要です。


弁護士に契約書作成を依頼するメリットや効果とは


契約書の意義は、トラブル発生時に最大の武器としての効果を発揮することにあります。

弁護士に依頼することにより、トラブルや訴訟になった場合に

作成した契約書を武器にしてどのように戦ったら良いかについてのアドバイスを

受けながら契約書を作成できることは、大きなメリットになります。


また、作成を依頼した弁護士を顧問弁護士としたり、

その契約書によって生じたトラブルの解決を依頼する場合には、

その契約書の作成を行った弁護士が自身で作成した契約書を武器に戦ってくれるため、

充実したアフターフォローを期待することができます。


弁護士を最大限に利用可能することが可能になる効果


法律や裁判例に関する知識と経験を豊富に有し、

日本で唯一全ての法律問題を扱えるのが弁護士です。


時代とともに変化していく法律や裁判における解釈に対し、

日々様々な法律の解釈を調査して、裁判においてどのような理由で勝利しているかを研究している専門家です。


弁護士の法的知識は特に新規性の高いビジネスにおいて効果が見込まれますので、

契約書の作成を法律の専門家に依頼することで弁護士の法的知能を最大限に利用可能といえます。

匠税理士事務所の提携しております弁護士などの専門家の詳細はこちらからご確認をお願いします。

【 → 目黒区自由が丘の匠税理士事務所 】


人の質 サービスの質 起業支援.png

自社の事業内容に合致した契約書を作成することの効果


契約書の作成を弁護士に依頼することで、インターネット等の文例集にはない大きなメリットがあります。


弁護士は依頼を受けると、まずはその会社の事業内容等の詳細をヒアリングします。

そのうえで、今回の契約書の内容・性質・契約書作成の目的を詳細に検討して、

その事業の目的に合った契約書を作成します。


この契約書はオーダーメイドで作成され、定型的なひな型をそのまま利用するということはまずありません。


さらに、トラブルが起きた際の対処方法なども一緒に検討していけるので安心感があります。


契約書の作成や契約内容の確認などの企業法務サービス

匠税理士事務所では、提携の弁護士と連携することで、

お客様のニーズ・問題点に合わせた契約書の作成や契約内容の確認などの企業法務サービスをご提供しております。


契約書の作成やレビューなど法務サービスの詳細につきましては、こちらよりご確認をお願いします。

【 → 契約書の作成や契約内容の確認などの企業法務サービス 】


対応エリア:世田谷区や目黒区、品川区など東京都23区


pixta_4118543_S.jpg

契約書の作成やレビューなど法務以外の税務や会計などのサービスラインにつきましては、

こちらからご確認をお願いします。

【 → 世田谷や目黒、品川の税理士は匠税理士事務所 】


facebookシェア はてなブックマーク追加

匠税理士事務所について

水野


宮崎